2012年05月10日

利尻ヘアカラートリートメントは色落ちする?!

利尻ヘアカラートリートメントが色落ちすると噂される原因を検証しました。

市販の一般的な白髪染めは、キューティクルを開いて頭髪内部に色素を浸透させるので色落ちが少ないのです。

それに比べ利尻ヘアカラートリートメントの場合では、キューティクルは開かずに、髪の表面だけに色をコーティングするだけなので、すぐに完成色に染まると言う事も無く、多少は色落ちしやすいようです。

つまり、色落ちしないと言う事は「髪を傷める成分が入っている」と言う事で、体や地肌に良くないと言う事になります。

利尻ヘアカラートリートメントは利尻昆布の天然成分がベースなのと、トリートメントタイプなので、一気に色が入り難いのですが、その分無添加で「髪を痛めない」と言えます。


その他に使用頻度の問題があります。

シャンプーの度に利尻ヘアカラートリートメントを使えば良いのですが、ボクのように3回に1回くらいしか使わないと、少しずつ色落ちします。

さらに、硫酸系のシャンプーを使用している場合は洗浄力が強く、髪を傷め、色落ちも早くなります。

また、プールの塩素でも色が落ちやすくなります。

と言う事で、少しずつゆっくりと染まって行くのが利尻ヘアカラートリートメントの特長ですので、ケチらず毎回使うと色落ち云々というクレームは出ません。^^


まずは、使ってみて、自分なりの使い方を見つければ、文句を付ける事等無い商品だと思います。

「色落ちする」などの噂は、ライバルが流したものでしょう。^^

ボクは充分満足ですよ。


右向き三角1利尻ヘアカラートリートメント≪サスティ≫


 
posted by シンプルデザイナー at 22:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。