2012年03月04日

頭皮にやさしい利尻ヘアカラートリートメント

一般の髪染めを使っていて、ひりひりする事ってありませんか?

この「ひりひり感」大なり小なりみなさんが感じている事だと思います。

実はその原因は合成界面活性剤です。

合成界面活性剤とは、油分と水分を無理やり混ぜるためのもので、アレルギーの原因ともいわれている有害化学物質です。

ですが、簡単に染料を髪に毛に付着させたりしみ込ませるには、必要悪的な存在なのです。

もちろん、合成界面活性剤を使わずに髪染めを作れます。

しかし、高価になってしまうんです…。


2006年には、花王の「ブローネヘアマニキュア」を使って脱毛したとして、被害者が花王を提訴したこともあります。

その時の皮膚科の医師による診断では、「毛髪着色料による皮膚炎」と診断していますが、花王は「因果関係はない」とコメントしています。

まぁ、脱毛まではいかなくても、頭皮が赤くなったり、腫れたりする、翌日頭が痒くなった経験の方も多いはずです。

image1.jpg


そこで、白髪染めには安心して使える無添加のものをお勧めします。

ちょっとぐらい高くても、髪や頭皮を傷めず、髪にやさしいほうが絶対に安心です。

利尻ヘアカラートリートメントは無添加だから安心して使えますよ。

右向き三角1利尻ヘアカラートリートメント≪サスティ≫


 
posted by シンプルデザイナー at 20:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。