2012年03月01日

利尻ヘアカラートリートメントは付いたところが染まらない

利尻ヘアカラートリートメントを使ってみて思った事は、ほとんど一般の髪染めと変わらないと言う事です。

ですが、違っている点が、それを求めている人には大事なんですね〜。わーい(嬉しい顔)

右向き三角1一般の髪染めとの相違点

@付いたところが染まらない

利尻ヘアカラーを手に取るとこんな感じです。

risiri_tenitoru.jpg

一般の髪染めと変わらず黒っぽいクリーム状です。

一般の白髪染め剤はこのクリームが「おでこ」や「耳」に付いたままにしておくと、皮膚が染まってしまって落とすのが大変です。ふらふら

擦りすぎて真っ赤っかになった経験ありませんか?


ところが利尻ヘアカラーは素手で扱っても皮膚が染まらないのですexclamation

risiri_hand.jpg

伸ばした感じ自体がサラサラっぽいので、安心して使えます。

ボクは友達に教えてもらったので、安心してガシガシ揉み込んじゃいました。わーい(嬉しい顔)

後頭部も見えないながらも擦り込んだので、染め上がりは奇麗に上手く行きました。

risiri-koutoubu.jpg

どうです?

耳も染まってないしバッチリですよね?!


でもね、爪の間にちょこっとだけ色が残りました。

これは友人のアドバイス通りに使い捨てのビニール手袋を使えばOKです。

よく白髪染めに付いてくるペラペラの手袋です。

百円均一のお店で何枚かセットになって売ってます。ひらめき


と言う事で、ボクのように白髪染めを一人でやりたい人にはバッチリです。


今日も読んでくれてありがとう。

 
posted by シンプルデザイナー at 11:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。